処分方法

マグネットシートは日常生活の中、様々な場面でもらいます。そのほとんどは販促宣伝用なので、常に視線が運ばれる位置に貼られる事が好ましくあります。しかし、あまりに多くそれを受け取ることで、邪魔になってしまいます。

また1年前に貰った物が年度を変え、新しい物になった場合でも、去年の物は捨てる事になります。

こちらでは、3つのポイントから処分方法をご紹介したいと思います。

1、素材を理解しましょう!

形成する素材には、幾つかの素材が混ぜ合わさって製作されております。その為、まず処分を検討する際は、素材に関しても考えなければなりません。概ね、ゴムと磁石素材、そこに樹脂素材を混ぜ、作成されておりますので、こうした側面からゴミとしての分別が行えるのではないでしょうか?

2、燃えるゴミです…か?

こんな事を尋ねられた事がございます。コレは燃えるゴミですか?と。

格安制作された商品も、既製品として販売された物も、同じ素材で作成されております。その為、どちらも同じ処分方法が適応可能ではございます。しかしそれが、燃えるゴミなのか?と問われると、一概にそうだとは言い切れません。

と言いますのも、同じシートを処分する方法であっても、地域によってはまるで違う結論が導き出されるからです。その為、全てが燃えるゴミと言うわけには行きません。ある地区では、燃えないごみとして分別されております。

3、処分方法は、○○に聞きましょう!

処分方法は結局のところ、ご自身がお住まいの地域を管理する行政機関に尋ねるのが一番です。またゴミ捨てのガイドブックの様な物が発行されていると思われますので、そちらを確認するのも手段です。

以前お住まいの地域とは、新たに居を構えた地域では、ゴミ捨て事情は変わりますので、その点も注意する必要がございます。またいくら小さく目立たない物であっても捨てる際は、きちんとした処理をして頂きたいと思います。それは倫理観の問題ですが、ほんのちょっとしたことであっても大切な事です。

特に販促用や宣伝用として、オリジナル製作されたアイテムを処分せざるえない場合、それは思わぬ、イメージダウンを引き起こしかねません。きちんとした対処及び、専門のゴミ回収業者をご利用下さい。

オリジナルマグネットシートの激安製作、お急ぎの方はこちら→0120-17-5151

用途一覧
製作に関する情報
当店について
全サイトの一覧