磁石の力

磁石について触れていると、「等方性」や「異方性」という言葉を耳にした事はございませんか?

あまり一般的ではない磁力に関するこの用語を、少し噛み砕いて説明致します。


磁石の性質

磁石には、「異方性」「等方性」と呼ばれる性質があり、どちらに分類されるかは、製作方法の違いによって決定されます。

フェライト磁石を例に説明しますと、まず磁石の粉が圧縮され、成型することでマグネットシートが制作されます。

この圧縮成型を行う段階で、一定方向の磁場を与えられながら製作されたのが「異方性」のオーダー印刷マグネットシート。磁場を与えず、成型のみされたものが「等方性」です。

異方性磁石は、特定方向にのみ強く磁化(※分極してマグネットとなること)するので、同じ材質でオーダー製作された等方性よりも磁化の強さは約2倍になり、吸着力は4倍にもなります。一般的に、スピーカーや工業製品の内部部品の一部として制作されることが多いです。

一方、等方性マグネットシートはどの方向にもほぼ同一の磁化の強さを発揮するので、どこにでも着磁することが出来ます。初心者マークや販促看板、ノベルティ、サインなどに使われているのは等方性が殆どです。

磁力の向く方向

■片面多極着磁
片面にだけN極・S極を設けたタイプです。着磁しない面にはカラーフィルムや格安プリントがオーダー作成されます。
一般的に販売されているマグネットシートの大部分がこの着磁方法です。
■両面多極着磁
表裏それぞれにN極とS極のある着磁面を製作した両面吸着タイプです。
「在室中」などの事務用マグネットシートに役立てられます。
■両面着磁
表面にS極、裏面にN極など面ごとに着磁する方法です。
センサー感知用の磁石などに使用され、特注品として販売されているマグネットシートにはあまり採用されていません。

オリジナルマグネットシートの激安製作、お急ぎの方はこちら→0120-17-5151

用途一覧
製作に関する情報
当店について
全サイトの一覧